意外!タンスや収納はダニが繁殖しやすい場所だった!その驚くべき秘密とは?

意外!タンスや収納はダニが繁殖しやすい場所だった!その驚くべき秘密とは?

 

直接咬まれたりしなくても、ダニが私たち人間に及ぼす影響はとても大きいです。 その死骸や老廃物でさえも、咳や痒みなどアレルギーを引き起こす原因になるからです。 カーペットや絨毯、クッションに布団、枕、縫いぐるみなど、ダニは家の中のあらゆる場所に存在しています。 中でも、タンスや収納ケースはダニが繁殖しやすい場所でもあります。 その理由を探っていきましょう。

 

 

【ダニはジメジメした湿気が大好き】

たとえタンスや収納の中をきれいに整理整頓していたとしても、ダニの繁殖を防ぐことはできません。 なぜならタンスや収納の中は、ダニにとって快適な場でもあるからです。 まず第一に、閉め切られた環境があげられます。 換気の少ない場所はどうしても湿度が高くなります。 これはダニにとっては最適な環境もあり、湿度が高くなる時期に増殖します。 しかもカーペットや絨毯などと違って、掃除機などで邪魔されることもなく静かに過ごすことができるのですから、ダニにとってタンスや収納の中は安らぎの場でもあるのです。

 

 

【タンスの中はダニのエサだらけ?】

次にエサが豊富なことです。 意外かもしれませんが、タンスや収納の中はダニの好物がいっぱいあります。 衣類についた皮膚の角質片やフケ、うっかり食べこぼしたカスなど服につけたまま収納していませんか? そしてカビ。 よく着る服とあまり着ない服に分けて収納していませんか? もちろんこれは正しい収納術ではありますが、あまり着ない服のタンスは滅多に開けませんよね。 ただでさえ換気の少ないタンスの中、ずっと開けないでいたら部屋の環境によっては、カビが生えてしまうこともあります。 そしてこのカビを好む害虫目当てでダニも増殖するのです。

 

 

【梅雨時期は要注意!手遅れになる前にダニ対策】

梅雨時期など湿度が高くなる時期は、ダニの発育速度が速くなることから繁殖率が高まるため大発生に繋がります。 手遅れになるその前にダニ対策が必要です。

 

まずは、できるだけ乾燥を心掛けて換気するようにしましょう。 タンスや収納の中を開けるようにする、タンスの中の入れ替えをするなども有効です。 通常の掃除機で吸い込めるのはダニの死骸だけで、生きたダニを取り除くことは困難です。 でも、死骸もアレルギーの原因となりますので、きれいに掃除することは大切です。 その際にはマスクをしたり、窓を換気した状態で行うようにしましょう。

 

ダニ専用の「くん煙剤」を使用した後に掃除機をかけるのも効果的です。 現在では掃除機やダニを捕獲するシートなどをはじめとした、ダニ専用の対策商品も多く開発され販売されています。 そういった専門的な商品でダニ退治するのもおすすめです。

 


TOP ダニ捕りロボ体験