畳のダニ退治方法はこれ!注意点も徹底解説!

畳のダニ退治方法はこれ!注意点も徹底解説!

 

ダニはいろいろな種類がいますが、総じて乾燥にはとても弱いという特徴があります。ダニは湿度が高い場所だと繁殖をする反面、乾燥状態に置かれると、2週間ほどで死滅すると言われます。ですので、掃除の際には畳を乾燥させるということがポイントになります。 

 

 

【畳の下のホコリ掃除】

 

畳というより、畳の下にあるホコリの中にダニがたくさんいる場合が多いです。いくら畳を綺麗にしても、このホコリを取らなければダニが再び繁殖してしまいます。畳を取り外し、畳の下にたまったホコリを掃除してください。 

 

 

【畳の掃除のポイント】 

一方、取り外した畳は、日当たりと風通しのよい場所で乾燥させます。しかし、掃除のためとはいえ日光に当てすぎると、日焼けや変色が起きることもあるので日差しが強い日は注意が必要です。 

 

 

【畳に残ったダニと死骸、フンを除去】

 

次に畳に残ったダニや死骸、フン等の除去になります。畳の目にそって丁寧に掃除機をかけていきます。掃除機での吸引が終わった後、雑巾を熱いお湯で濡らし、固く絞って表面を拭き取ります。そして、しっかりと水気を取るようにしないと、畳の光沢がなくなったり、黒ずむことがあるので、最後に乾いた雑巾で拭くのがよいでしょう。  

 

 

【仕上げ】

 

畳の下に乾燥シートや防虫シートを敷き込んで畳を置くと、今後のダニの繁殖を抑える事ができます。この様に小まめに掃除と乾燥を繰り返し、ダニの繁殖を抑える事が必要です。 

 

 

【まとめ】

 

畳を外して掃除するといった大がかりなことは頻繁には出来ません。ですので、表面のダニやホコリをこまめに掃除して、ダニの繁殖を抑えたりすることが必要なのです。結局、小さな掃除からコツコツと行うのがダニを抑える一番の方法です。

 


TOP ダニ捕りロボ体験