チリダニが発生しやすい時期や環境!予防する為に必要な知識とは?

チリダニが発生しやすい時期や環境!予防する為に必要な知識とは?

 

【チリダニが発生しやすい時期】

チリダニの発生数は気温が比較的高く、湿度も高い6月から10月にピークを迎えます。

 

 

【チリダニの発生しやすい環境とは】

チリダニが発生しやすい環境は、人間環境との関連性が非常に強く、フケや垢、ホコリがたまりやすい素材のものや人の出入りの多い場所に発生しやすいです。特に、布団やソファーや畳などに多く発生しやすいです。寿命は2ヶ月から3ヶ月と長くありませんが、繁殖力が高く、チリダニのメスは1日に1個から2個卵を産み、1日に5回程度の糞をしますので、放置しておくと家の中にアレルゲン物質がどんどん溜まってしまいます。

 

 

【チリダニの予防方法とは】

チリダニをこれ以上発生させないようにするには、とにかくチリダニが住みにくい環境を作ることが重要です。ダニが住みにくい環境とは、湿気が少なく、ダニのエサとなるゴミやホコリのない清潔な環境です。ダニの発生を予防するためにできることは、布団やカーペットは定期的に天日干しをします。また、布団やカーペットにゆっくりを掃除機をこまめにかけます。押入れやタンスにしまいっぱなしの服は着る前に洗濯し天日干しをします。

 

布団やシーツを定期的に丸洗いし、カーテンやぬいぐるみ、人形も定期的に洗います。

 

 

ダニは湿気が少ない環境が苦手なので、

 

  • 部屋の湿度を50%以下に保つこと
  • 定期的に通気をし部屋に湿気をためないようにすること
  • 押入れを開放すること
  • 料理や洗濯をするときは換気扇を回すこと
  • 部屋に洗濯物を干さないこと
  • 家具と壁の間を開けておくことや室内に観葉植物を置かないこと
  • 朝起きてすぐに布団をしまわないこと

 

などもチリダニの発生をかなり抑えることができ、予防に貢献してくれます。

 


TOP ダニ捕りロボ体験