ダニシートの効果的な置き場所5選!

ダニシートの効果的な置き場所5選!

ダニシート,置き場所,効果的

 

 

今回はダニシートをどこに置けばダニを効果的に退治できるのか?を話していきたいとおもいます。

 

まず始めに知って置いて欲しいのは、
ダニシートの有効範囲は1畳〜あるので
やみくもに置くよりもポイントを絞ってダニシートを置くことにより、
手間もシートも節約することができますよ。

 

 

置きたい場所@寝室・寝具

 

ここはダニシートを置くときの鉄板になるので、ご存じの方も多いでしょうが、
他の場所と比べると寝室は、

 

ほとんど動かないで約8時間を過ごしているので、
ダニが好む温度・湿度が出来上がっています。

 

通常は枕の下に挟んでおきますが、
ダニシートによっては甘い匂いが強かったりするので、
その時は足元の布団の下でも大丈夫です。

 

 

置きたい場所Aカーペット・じゅうたん

 

カーペットやじゅうたんに潜むダニは、
掃除機を使用してもほとんど吸い取ることができない為、
ダニは優雅に生活しています。

 

特に共用の場に敷いている際は、
エサとなるフケ・アカ・食べカスなどが豊富なため数が多くなります。

 

 

置きたい場所B畳

 

畳はそれ自体の湿気、また畳下からの湿気が多い為にダニが繁殖しやすいです。
古い畳よりも、新しい畳で特に2〜3年経過しているものには、
ダニが増殖しやすいという報告が多数あります。

 

畳の上にカーペットや絨毯を敷くのは、
一番危険な組み合わせになるので、ダニシートの設置を強くおススメします。

 

 

置きたい場所C居間・共用スペース

 

皆が使う共用の場所は必然的にダニの数が多くなります。
家電の進化により、1年中ほとんど変わらない気温で快適に過ごせる反面、
ダニにとっても冬を過ごせる原因になっていますし、

 

ダニのエサになる人のアカ・フケ・食べカスなどが大量にあるので、
繁殖する条件を満たしている場所といえます。

 

 

置きたい場所D台所・食糧置き場

 

台所などの水周りは湿度が高く、またエサも豊富な為、
気温が上がるとダニが爆発的に増える可能性があります。

 

また、小麦粉やたこ焼き粉、ホットケーキミックスなどは、
ダニが好む匂いを含んでいるもののある為、
長期間使っていないようでしたら、注意が必要です。

 

 

効果的な置き場所まとめ

 

  1. 寝室・寝具
  2. カーペット・じゅうたん
  3. 居間・共用スペース
  4. 台所・食糧置き場

 

 

以上がダニシートの効果的な置き場所になるので、
どこに置くか迷った際は参考にしてみてください。

 

どのダニシートがいいのか迷っている方は
あなたに合ったダニシートの選び方を書いているのでコチラも参考になれば幸いです。


TOP ダニ捕りロボ体験