人を刺す恐怖のツメダニ!刺された場合の特徴は!?

人を刺す恐怖のツメダニ!刺された場合の特徴は!?

 

[ツメダニに刺されると]

ツメダニは他のダニを捕食するダニなのです。捕食と言っても食べるのではなく、体液を吸うのです。そのためツメダニは人の血液を吸うのではなく、体液を吸うのです。

 

ツメダニに刺された直後は症状はありません。1日から2日経つと痒みを感じ、皮膚炎を引き起こします。痒みは1週間程続きます。刺される部位は、膝、股、腕の柔らかい場所で、脇の下、首から胸なども刺されます。

 

ダニに刺されると皮膚炎を引き起こします。この痒みで患部をかきむしってしまい、傷が痛むこともあります。酷い時には眠れないほどの痒みで睡眠不足になってしまうこともあります。眠れたとしても無意識に掻いてしまい傷がひどくなることがあるのです。これは皮膚に、体液を吸うときに刺す針が釣り針のようになっているため簡単には抜けません。

 

 

「刺された所が痒くない」

皮膚の表面が炎症を起こしているにも関わらず、痒くない人もいるようです。このまま赤み、腫れも引いていくときもあれば、後から遅れて痒みがやってくる事もあります。これは体質の関係があるようです。

 

 

「ツメダニに咬まれた跡」

小さい赤い斑点が複数見つかります。斑点ができてもすぐには痒くなりません。

 

 

「ツメダニ咬まれた時の対処」

ツメダニに咬まれた時は流水で洗い流したあと、ステロイド系の虫刺されクリームを塗りましょう。心配なときは皮膚科受診を薦めます。

 

「ツメダニを予防するには」
ツメダニを予防するのに必要なことは、【換気】、【掃除】、【エサの排除】が必須になります。

 

換気

ダニは湿度が高いところは好まないので予防することに繋がります。

 

掃除

ツメダニのエサとなるチリダニはホコリをエサになるので、まずはチリダニを発生させないことが大切です。

 

エサの排除

これは上で記載したチリダニを増やさないことがツメダニの予防に繋がるということですね。

 

 

確実に防ぐにはどうする?

湿度や掃除をすることで確かに予防することはできますが、毎日続けるのは大変ですし、梅雨の時期などは家屋の造り的にツメダニが発生してしまう可能性があります。

 

 

もしそういった不安がある方は『ダニシート』がおススメです。

 

 

ダニシートはたくさんの種類がありますが、【ダニ捕りロボ】というものでしたら、ツメダニのエサとなるチリダニはもちろんのこと、あなたを刺してしまうツメダニも捕獲することができるので、安心を得たいという人には向いている商品です。

 

また、捕獲の検証もしてあり、その結果はなんと増殖抑制率100%ということなので、ツメダニの為にあれこれ対策や予防を講じる手間をかけるくらいならダニ捕りロボをポンと置いておく方が良いかもしれませんね。

 

こちらの記事で実際にダニ捕りロボを使って見たレビューをまとめているので、参考にしてみてください。

 

 

 


TOP ダニ捕りロボ体験