昆虫 ダニ

昆虫に付いたダニは要注意!命に関わる場合も!

 

私たち人間にとても厄介なダニによる被害。 それは自分たちのペットなどにも付着し、場合によっては命に関わることもあり得ます。 ペットとしてカブトムシやクワガタなどの昆虫を飼ったことのある方にとっては、ダニは注意すべき存在なのです。

 

 

【昆虫についたダニは要注意!】

カブトムシやクワガタは、子供達に大人気の昆虫です。もちろん大人も大好きな虫達です。 それ以外にも多くの昆虫がペットとして飼育されています。中にはかなりの高値で取引される珍しい昆虫も少なくありません。 ペットとして飼育する以上、昆虫達の世話をするのは当然なのですが、そこで問題となってくるのがダニです。

 

ダニは昆虫達に取り付くと、昆虫の体から体液を吸い取ってしまいます。いわゆる寄生虫と同じですね。 1匹ならばそこまで影響はありませんが、それが数匹・数十匹となると話は変わります。 数が増えればそれだけ多くの体液が吸われてしまうことになり、体力が奪われて最悪の場合死んでしまうこともあり得ます。 もちろん寿命もそれだけ短くなってしまいます。

 

 

【ダニの除去の仕方】

ダニが昆虫に付着してしまった場合、少数ならば寿命などには大きな影響は無いとはいえ、しっかりと除去する必要があります。 まずはマットや飼育ケースの清掃をしましょう。 そして昆虫に付着したダニの排除方法ですが、水洗いをしてもあまり落ちません。むしろ昆虫を弱らせてしまう原因にもなってしまいかねません。

 

そこで柔らかめのブラシを軽く濡らし、ブラッシングをして落としていく方法がベストです。 強く擦ってしまうと昆虫が傷付いてしまうこともあるため、力加減には気をつけましょう。 また市販のダニ取りマットなどで対策しても効果があります。 昆虫の体から体液を吸い取るダニ。寿命のことも考えると、適度なダニ対策が必要になってくるでしょうね!

 


TOP ダニ捕りロボ体験