乳幼児 ダニ刺され 薬

乳幼児がダニ刺された時の注意点と使いたい薬はこれ!

 

生まれて間もない乳幼児は、ダニに刺されてしまうケースが多くその理由は乳幼児期の皮膚の柔らかさに有ります。人を刺すツメダニ等は人の皮膚の柔らかい所を刺すと言う特徴が有り、刺される場所は脇腹や太ももの内側腕の内側等の集中します。そんなダニにとって寝ている事が多い乳幼児は格好のターゲットになってしまいます。

 

 

【乳幼児がダニに刺された時の症状と注意点】

乳幼児がダニに刺されてしまった時の症状は大人同様に脇腹や太ももの内側等に赤い斑点と共に痒みを伴います。乳幼児の場合特に注意しておきたい事は、アレルギー反応を起こしてしまい、腫れや赤みが酷くなってしまったり、かき壊し等によって水ぶくれ等を起こし、その場所から他の感染症などを引き起こしてしまう事です。とにかくたかがダニと甘く見ない様にする事が大切です。

 

 

【乳幼児がダニに刺されてしまった時に使える薬】

乳幼児がダニに刺されてしまった場合に薬を使い早期に症状を改善しておく事が大切です。乳幼児の肌はまだとても敏感ですので、大人が使用する薬では強すぎますので乳幼児用の薬を使用する事になります。抗生剤入りのステロイド薬は効果が早いですが、医師に相談した上で使用して行く事が大切です。

 


TOP ダニ捕りロボ体験