見分けにくいダニ刺されと汗疹と水ぼうそうの違いはココを判断する!

見分けにくいダニ刺されと汗疹と水ぼうそうの違いはココを判断する!

 

暑い夏になると、虫刺されや多量の汗をかくなどさ、さまざまな原因による皮膚疾患が多くなります。これらは症状が似ていても対処法が異なることがありますので、その原因を知ることは重要です。ここでは、比較的身近な皮膚疾患で、皮膚に発疹が生じる水ぼうそう、汗疹およびダニ刺され、の違いについて紹介します。 

 

 

【原因】

 

これらが起きる原因はそれぞれ異なります。水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)の感染により生じる症状です。汗疹(かんしん)は、一般的にはアセモと言われているように、多量の汗をかくため汗の出る管である汗管が詰まって起こります。進行したものでは、細菌感染により膿疱性の症状を示します。ダニ刺されは、文字通り微小動物のダニに刺されることによって起こります。発疹はおもにダニに刺されたことによるアレルギー反応として生じます。  

 

 

【かかりやすい人と対処法】

水ぼうそうは主に小児に見られる病気です。免疫ができるため、一度かかれば次にかかることはありません。発症経験のない人では成人もかかることがあります。小児に比べて症状が重くなることがありますので注意が必要です。水ぼうそうにかかった場合は医院で見てもらいます。  

 

汗疹は乳幼児が夏場にかかり易い疾患です。汗をかかないような服装、環境にすること、汗をかいたらまめに拭くことなどに留意します。発疹がひどい場合は、医院で見てもらう必要があります。  

 

ダニ刺されは野山でも家庭内でも起こります。大人も子どももダニに刺されます。家庭では室内にも多数のダニがすんでいますが、家での滞在時間や就寝時間の多い子どもが被害にあう機会が多いです。室内のダニを減らすため、家の掃除や寝具の乾燥をひんぱんにすると、被害も減らせます。

 

 


TOP ダニ捕りロボ体験