ダニ刺されにステロイドは危険?損する人と得する人の違いはココ!

ダニ刺されにステロイドは危険?損する人と得する人の違いはココ!

 

「怖いと誤解されているステロイド」

今でこそステロイドに対する誤解が解けつつありますが、少し前まではステロイドを使っていると、ステロイドを使わないといられなくなるとか、さらに強いステロイドを使わなければいられなくなるということが言われていました。そのため、ステロイドは怖い薬と多くの人が思うようになって、敬遠されるようになってしまいました。

 

 

「なぜステロイドが恐いと勘違いされるようになったのか」

ステロイドが怖いというイメージも、ステロイドの使い方の間違いから来ていることがわかりました。使い方の間違いとは、ステロイドを使っていると癖になり、ステロイドを使わずにいられなくなるという誤解から、病院で処方されたステロイドを、医師の指示通りに使用せず、治ったと素人判断で勘違いをして塗るのを止めてしまうことです。

 

 

完全に治っていない状態なのに自己判断で塗るのを止めてしまった結果、ぶり返してしまいます。それなのにその状態を「リバウンドした」と勘違いされることから、ステロイドはリバウンドしやすいとか、1度使い始めるとずっと使わないといけなくなるという勘違いをされるようになりました。

 

 

「ダニ刺されに効果を発揮するステロイド」

使い方の間違いでトラブルが起きていたステロイドですが、ダニ刺されのような強い痒みには有効ということが多くの人が認めるようになりました。ダニに刺された時ステロイドを塗ることで痒みが抑えられて掻かずにすみますから肌を傷つけずにすみますし、掻くことで黒ずむという色素沈着が起ることも避けられます。

 

ダニに刺された時は医師の指導を守ってステロイドを正しく正しく使うことで、耐えられない痒みが避けられたり、大切な肌を守ることができます。

 


TOP ダニ捕りロボ体験