ダニを寄せ付けない最も効果的な方法!

ダニを寄せ付けない最も効果的な方法!

ダニ,効果的,寄せ付けない

 

幼児などがいる家庭では、アレルギーの原因となるダニに対してしっかりとケアしていきたいところですが、
ではダニを寄せ付けない工夫をするにはどういったことに意識すると効果的なんでしょうか?

 

 

ダニの弱点

 

ダニの弱点は3つあります。

 

・温度が低いこと
・湿度が低いこと
・エサがないこと

 

これを取り除いていくことが肝心になります。

 

 

具体的には

 

・温度20度〜30度から外す
・湿度60%以下にする
・エサとなる物質(フケ、アカ、食べかすを取り除く)

 

 

温度は20度〜30度から外すのはかなり至難の業で、
ヘタするとこちらに別の実害を及ぼす恐れがあるので省くと、
やはり湿度、エサを少しでも減らす必要があります。

 

 

対策は?

 

湿度…
湿度を減らすのに一番簡単な方法は窓を開けての換気です。
それ以外の方法でしたら除湿機もありますが、コンパクト除湿器を利用すると室内に蒸発した水分が溜り、逆効果になるのでエアコンのドライを使用する方が効果的です。

 

 

エサ…
エサがない場所ではどんな生き物も生きていません!という訳で掃除機でエサとなるフケやアカ、食べかす、ホコリなどを取り除いていく必要があります。

 

人が動くたびにフケやアカはどんどん溜まるので、
週1回など定期にかけるのですが、
その時にやりがちなのが床だけしか掃除機をかけないということです。

 

ダニはほこりなどもエサにする為に、ホコリが溜りやすい場所にも繁殖する為
壁や、机の上など様々なところまでしておいた方がいいです。

 

 

これを実践することで日にちはかかりますが、
刺すダニはより付きませんし、アレルギーとなるダニも取り除けていきます。

 

 

少しでも楽をするなら

 

 

ただ、毎週定期的に続けるととても大変な作業になるので、
少し楽したいという方はダニシートなどを利用してみるといいかもしれません。

 

 

最近のダニシートは、ダニを閉じ込めるだけではなく
死骸などのアレルギー物質も外に出さない工夫がしてあるので、
幼児などがいて掃除や除湿まで手が回らないという方からの人気もあるようです。

 

 

⇒アレルギー物質を出さないダニシートの詳細はこちら

 

 

関連記事

 

効果がないダニシートを選ばない為の確認ポイント!

ダニシートの効果的な設置場所5選

 


TOP ダニ捕りロボ体験